• 今月のキャンペーン
  • 体験予約
  • 入会手続き予約

スタッフブログ

2018年04月12日

いつも食べないものを増やす

 

こんにちは。中川です。

 

食事を減らしているのに体重がなかなか落ちない…

という方はおられませんか?

 

実は、食事を「減らす」というダイエットは

痩せにくい体にしてしまっています。

なぜなら、太っている方の大半は栄養不足だからです。

 

ダイエットをする際、

食事の「質」も見直し、自分に合った食事を知ることから

始めてみませんか?

 

ポイントは、食事量を「減らす」のではなく、

いつも食べないものを「増やす」ことです。

 

参考にしてみてください。

 

 

2018年04月08日

睡眠の質

ここ3日ほど寒い日が続いていますね。

1週間前は半袖でも外出できるくらいポカポカだったのに…

そんなときこそ運動をして温まりましょう!!

冨賀諒佑です。

 

さて、今日は睡眠についてお話します。

夜、中々眠れない方いらっしゃいませんか?

そんなあなたは自律神経のバランスが崩れているかもしれません!

この自律神経のバランスを整える事で、睡眠の質を向上させることが出来ます。

 

自律神経は、自分ではコントロールできないものですが、

少しの工夫で自律神経を騙し、睡眠の質を上げることが出来ます。

【質の高い睡眠のコツ】

※参照:フミナーズ

①3分だけでも髪をドライヤーで乾かす

髪が濡れたままだと首元が冷えやすくなり、交感神経を刺激してしまう恐れがあります。

首は身体と脳を結ぶ神経が通る部位の為、冷えると安眠の妨げになります。

 

②寝る前にコップ1杯の水を飲む

睡眠中は汗をかくことで体温が下がり、眠りが深まるとのこと。

汗を出し切る為にも、就寝前の水分補給は必要不可欠!

 

③就寝前はテレビはNG!読書はOK!

テレビやスマートフォンは脳が興奮して中々寝つけず、睡眠の質も下がってしまいます。

おすすめは本を読む事。

深読み込むのではなく、読んだことのあるものを眺めるだけでOKとのこと

 

いますぐ実践して高品質な睡眠を手に入れよう!!

また来週お会いしましょう。

 

2018年04月07日

自分に合ったセット法でトレーニング!!

 

こんにちは。三代です。

 

さて、皆様はトレーニングをするときは何に気を付けていますか?

フォームや時間配分、効果の出るトレーニング方法

皆様それぞれ気を付けていることはたくさんあると思います。

 

本日、私が紹介するのはジャイアントセット法というものです。

短時間で効果的に追い込むセット法の事です。

内容は、一つの筋肉部位に対して違う4種目以上のトレーニングを

インターバルなしで連続で行います。(少しの休憩であればOK)

 

効果としては、

筋肥大や筋持久力の向上、心肺機能の向上にもつながります。

 

私自身もトレーニングをする時は実践しているセット法です。

マシンや道具を使わなくても追い込めるトレーニング法です。

 

皆様も是非試してみてください。

 

では、今日はこの辺で失礼します。

2018年04月07日

ダイエット始動

こんにちは。山田です。

 

さて、4月になりましたのでダイエットプログラム(肉体改造)がスタートです。

早速現状を測定してきました。

体重64.7kg 筋肉量52.7kg 体脂肪量8.9g 体脂肪率13.8% でした。(ちょっと肌肉量が低すぎるので不満ですが…)

これが今の山田です。4月3日に測定しました。

 

ここから、筋肉量を増加したいと思います。

内容は加圧を空き時間に実施しながら、マシンによるトレーニングを入れていきます。

マシントレーニングの曜日は決め切れていないので、早く決めなければなりません。

 

弱点は胴体部分の筋肉量です。ここを徹底的にやっていきたいと思います。

次回の更新をお楽しみに!!

2018年04月06日

「満腹脳」を作って「ドカ食い」をなくす!①

「満腹脳」を作って「ドカ食い」をなくす!

ちゃんと食べたはずやのになんか物足りひんわぁ…。

っていうことありませんか?

これって脳が満足してないことが原因かもしれません。

それなら脳を十分に満足さしたら、ムダ食いや無理な我慢から解放されるんちゃうのんっていうお話を今回より4回に分けてもったいぶってお伝えします。

 

①脳を制する者が食欲を制するのだ!

食欲を感じるのは脳の真ん中あたりにある視床下部というところです。

ここに“満腹中枢”“空腹中枢”と呼ばれる食欲コントロールのスイッチがあり、2つが正常に働けば『おなかがすいた』『いっぱいになった』と自然に感じることができます。

ところが視床下部はストレスの影響を受けやすく、ちょっとしたことでこのスイッチが壊れることがあります。

なのでストレスを取り除いて脳をスムーズに働かせれば、ドカ食いなどを防げてダイエットもうまくいきます。

 

日々、職場や学校、家庭で様々な出来事があると思います。

そんな時は、ヘミングでさらっと汗をかいて気分転換してみてはいかがですか。

 

次回は『②満腹感を脳に伝えるサインがある!見逃すな!』をお話しします。

畑中

PAGE TOP