• 今月のキャンペーン
  • 体験予約
  • 入会手続き予約

スタッフブログ

2020年09月19日

秋日和の野原が七草で飾られる季節となりました。

秋日和の野原が七草で飾られる季節となりました。

いかがお過ごしでしょうか。畑中です。

 

先日、痛いので病院に行ってきました。

診察が終わり、「それでは、薬を出しておきますので、食後に水かぬるま湯で飲んでくださいね」とのこと。

 

当日は痛みでイライラしていたせいか

「なんで水かぬるま湯なんじゃい。腹の中に入ってしもたら、他のもんと混ざるんやし、何で飲んでも一緒ちゃうんかい!」

っと小心者の私は口には出さず心の中で叫びました。

 

数日後、医療関係の知人にこのことを話すと「薬の飲み方には、ちゃぁ~んと理由があるのですよ」っと優しく指導されました。

 

錠剤やカプセル、粉薬を飲むときは、「水かぬるま湯で飲む」ことが基本なんですって。

薬は口の中で唾液や水と混ざって、食道を通って胃に運ばれますわなぁ。

水を含まずに薬だけを飲み込むと、食道や胃の粘膜に直接薬が触れ、その刺激で粘膜が潰瘍や出血を起こすことがあるんですって。

特にカプセルの薬は、唾液など少量の水分ではベタベタして、のどや食道に引っかかりやすくなるので注意が必要なんですって。

また、薬の周りに水分があると、有効成分が溶け出しやすくなるんで、コップ1杯(180~200mL程度)の水やぬるま湯と一緒に飲むのがベストなんですって。

 

ほな、水ではなくお酒やお茶やったらええんちゃうのん?

何となく「あかんのやろなぁ」と思いながらもヒネクレ者の私は聞いてみました。

 

その答えは…。

 

また次回でお話しします。

PAGE TOP